住み込み仕事のメリット・デメリリットとは?

意外とある住み込みの仕事

生活していく上で出費は欠かせないですが、中でも住居代に占める割合はかなりのものといえるでしょう。マイホームであれば十年単位のローンを抱えなければなりませんし、賃貸マンションであれば永遠に自分のものにはならないものにお金を払い続けなければなりません。その点、住み込みの仕事は最高です。寮住み込みのまかないさんや、マンションの管理人、車など機械メーカーの部品作りなど、意外と住み込みの仕事は多いものだといえます。

住み込みのメリットとは?

このようにお金がかかるのが住居費なので、それが格安で済むことが住み込みの仕事最大のメリットだといえるでしょう。また、住居について心配しなくて良いので、遠方の仕事でも気軽に行けるというのもメリットです。仕事が終われば、まるでリゾート地で長期滞在しているかのように、その土地の人々と触れ合いながら楽しい時間を過ごせることでしょう。とにかく、仕事さえうまくいっていれば住居費はかからないも同然というわけです。

住み込みのデメリットとは?

メリットの多い住み込みの仕事ですが、残念ながらデメリットもあります。例えば、中高年で寮住み込みのまかないさんやマンションの住み込み管理人などになった場合、その仕事を辞めた後の住む場所を考えなくてはならないことです。若い世代と違って、高齢者を受けて入れてくれる賃貸などはそれほど簡単に見つかるものではありません。だから、あまり高齢にならない内に仕事に一区切りつけて新たな生活を始めるというのも一つの方法です。

寮の求人内容は、住み込みのものが多く、家族がいる場合には家族同伴タイプも多くあります。仕事場と住まいが一緒なので通勤の手間も省けます。